京都の派遣

おすすめ

京都府で人気の人材派遣会社ランキング!人気の理由は豊富な求人情報!

京都府で働きたいなら口コミで人気の人材派遣会社に登録しませんか?ランキング形式になっているのでオススメ順がわかりやすい♪しっかり稼げる高時給で色んな仕事が選べます。休日の希望も条件別に探せて便利です♪

些細なきっかけで習い始めた書道

"私は小2から高2まで9年間、書道を習っていました。
そして、中学3年生の時に中等科師範の資格をもらいました。
だからと言って、人様に教えた事などありません。
また、就職に特別役に立つ事も少ないですが、人並み程度に文字を綺麗に書けるという事は
消して悪くはないと思っています。
始めたきっかけは仲の良い友達が習っていて、当時は先生のおうちに入れてもらうことが出来た為
筆を持って文字を書いてることがとても楽しそうで、すぐに習いだしました。
習字というのは天才肌と努力型があると感じています。
元々字が上手でより綺麗に書くために習う人。そして字が上手になりたくて習う人。
私はまさに後者でした。
後から入ってきた私の友人は天才肌で習い始めてから半年も立たずに級から段へと上がっていきました。
私の方が2年も長く習っていたのに追いつかれるまでにそう時間はかかりませんでした。
ただ、その友人を目標に必死で練習をして、追い越される事ありませんでしたが、
ライバルの様な存在の彼女がいてくれたことで長く続けられたのかもしれません。
大人になると筆を持って書くことはほぼ無くなりましたがたまにのし袋に書く時は
昔を思い出し背筋を伸ばし気合を入れて書く時が唯一この資格の活かせる時でしょうか?"

生まれ変わったらなりたい夢と現実

"わたしはごくごく平凡に、それでいて普通に幸せに暮らしている30代の主婦です。「もしもあなたが生まれ変わったら、なりたいものは何ですか?」と聞かれたら、なんと答えるでしょう?わたしなら、冒険かになって、世界中を旅してみたいです。世界遺産と呼ばれる、世界中のすばらしいものをこの目で見て、肌で感じてみたいですね。そして、気に入った土地を見つけたら、その土地に永住するのもいいかもしれません。そんなところが見つかれば、旅行者さんたちを案内するツアー会社を作って、自ら案内してあげたいと思います。生まれ変わったらなりたいことなので夢をあげてみました。英語すら、カタコトなわたしにとって非現実的な感じがしますが、あくまで「夢」ですから!生まれ変わったわたしですから、きっと流暢に何ヶ国語を使いこなしているはずです。今のわたしの現実とはかけ離れすぎているところが、やはり夢なのかなと思います。
もうひとつの「生まれ変わってからの夢」は、オリンピック選手になることです。種目は「フィギアスケート」「サッカー」「水泳」「バドミントン」何でもいいので、とにかくオリンピックに出場することが第一目標。そして、もちろん金メダルをとることです。金メダルが決まったわたしは、報道陣に囲まれ、今の気持ちを誰に伝えたいかインタビューされるのです。そして、わたしは「最愛の家族です!」と迷いなく答えるの。そんな姿がしっかりとイメージできます。生まれ変わったわたしの姿ですが。本当に生まれ変わりたいです!
"

嫌がらせをされました

"私は以前派遣社員として働いていました。一年間働きましたが、すぐにやめたくて仕方がありませんでした。
理由は嫌がらせです。正社員からの、執拗な嫌がらせを受けていたのです。先輩から聞いていたので、覚悟はしていました。でも本当にあったのです。確かに派遣社員とは、時給が良いのです。そのせいで、とても嫌な事もされました。
デスクの上にゴミを置かれるなんて、当たり前だったのです。そしてモノを隠されたり、陰口もありました。誰もがそんな感じだったのです。
いい思い出なんてなんにもありません。でも一年契約なのでなんとか我慢したのです。その間何度やめようか悩みました。
でも生活の事を考えると簡単にやめれません。だから頑張ったのです。
こんな事で負けたくはなかったのです。誰かのせいで、仕事をやめるなんてしたくありませんでした。私の負けを認めたくもなかったのです。だから我慢できたのです。
それでも本当に嫌でした。どうしてここまでされないといけないのか、とても考えたのです。でも理由は私が派遣社員だからです。それだけの理由です。
でも私ならしません。そんなイミのない嫌がらせなんて、絶対にしません。
お昼ご飯を食べるのもずっと一人でした。一人で社員食堂へ行ったりしました。でもずっとそれは辛いので、外で食べたりもしたのです。残業はなく定時で帰るのがほとんどだったのですが、まっすぐ家にも帰りました。アフターも誰も誘ってはくれません。すごく悲しかったです。
"

仕事の観点から見た派遣のメリットとデメリット

派遣社員の仕事に関するメリットとして、派遣会社で仕事を登録する時に自分の合っている仕事を選択する事ができることです。派遣会社では多くの派遣先の企業と取引があって、多くの業務の依頼を受けていて、多くの社員が様々な業務に従事しているので、自分の合っている職種を選択して仕事に従事できるので、正社員としてやりたくない仕事に就くよりも長期的な視点ではやりがいをもって仕事の従事できる事がメリットです。特に国家資格などを持っていて、資格に精通した仕事を行いたい時に、派遣会社によっては専門職の職種もあるので、例えば介護の資格を持っていて、介護に就きたいと考えているが、他の職種の紹介も受けてみたい時に派遣会社が役に立つのです。また、派遣社員は基本的には業務を請け負うという形での雇用形態とあまり変わらないので、仕事の契約期間は派遣会社と請負先の会社と一緒に示談で行っていくので、一定の期間だけ仕事を行っても仕事が合わないと感じたら、契約終了になって他の職種に切り替えられる利便な点もあります。デメリットに関して、派遣会社に採用されて、請負先の会社との示談で仕事を請け負う事が決定していたといても、様々な都合で必ず仕事が受けられるという事は限らない事がデメリットです。つまり、急な請負先の会社の都合で仕事がキャンセルされる可能性を考えながら仕事を選ばなければならないので、しっかりと仕事が受けられるかどうかを確認する作業が必要なのです。

難しい営業

"今から5・6年ほど前に派遣でした仕事で、大手家電量販店でインターネット回線の販売・契約の業務をしていました。ご存知のように、その当時でもほとんどの家庭は、光回線やケーブルテレビのインターネットなど、様々な方法でインターネットをしている人が多い時代になっていました。そんな中、新たにインターネットの回線を契約するのは、転勤や学生・社会人が多く移動してくるゴールデンウイークやお盆といった人の移動が激しい時期に集中していました。
ちょうど私がその仕事を始めたのは、ゴールデンウイーク前半にあたる4月29日からでした。前任者が事情があって辞めるので、その方の後任としてやるという話でした。派遣元から仕事を紹介してもらったのは4月20日前後で、面接が4月26日、採用が4月27日とほぼ急に決まった仕事で、派遣先の担当の方から「早く来てくれ」と言われるくらい、人手が欲しい様子でした。
家電量販店やファミレスといった過去の仕事の経験もあるので、接客の仕事は苦手ではありません。
しかし、申し込みをされた方が契約の内容を簡単に理解し、納得いくような説明をして契約をする手続きをするのは、今でも難しい仕事内容だと思っています。

申込書と割引のための情報入力というのは初めてでもできますが、実際にお客様にお得だという話をしながらのインターネット回線の売り込みは、かなり難しい状態でした。その職場は、パソコンをはじめとするインターネットに接続できる家電の他に、デジカメやエアコンなど特定の条件を満たす商品の購入とインターネットの接続の契約をすると、その場で3万円引きなどという特典を用意していたのもあったので、「とりあえず、契約をしてもらってください」という方針もあり、パソコン以外の売り場も歩いて売り込みをしました。

連休やお盆といった人の移動がない普通の営業日は、そもそもその家電量販店に足を運ぶお客様もほとんどいない状態で、100人前後の来店者しかいないのに契約ノルマが一日3件、週末や休日は10件とかなり厳しい条件下で仕事をすることになっていました。

契約期間が元から4か月ということもあり、8月末で契約満了で終わりました。可能であれば、営業を伴う仕事は二度としたくないと痛感した4か月でした。"

派遣をおすすめします

"派遣とバイト、両方経験したことがありますが、
働きやすさでいえば派遣ではないかと思います。

派遣で働くということは、派遣会社と勤務先の雇用契約によって
行われることなので、契約外のことや不当に扱われることを
すれば契約違反になるからです。

派遣の方が雇用契約がしっかりしており、期間や時給、残業など
明確にされている気がします。
実際、私は派遣として何社か働いたことがありますが、
サービス残業はしたことがないですし、途中で雇用を解除される
こともありませんでした。
バイトよりは安心して働けたように思えます。

また、ずっと派遣やバイトをするつもりではなく
いずれは、正社員にと考えている場合は
派遣のほうが履歴書に載せやすいと思います。
そして、職業を人に聞かれた時に、バイトと答えると
学生かフリーターなのかと思いますが、
派遣と言われると、いずれは社会人として頑張りたいのかなという
ように見受けられます。

また、希望の職種で正社員になれず派遣でというときは
紹介予定派遣という制度もありますし、派遣社員としてでも
スキルを磨くことができるので、正社員に近づく手段としては
良いのでしょうか?

もちろん、派遣会社によっては契約がずさんなところも
ありますので注意しなければいけません。
勤務先と同じように、何か不明な点はないかなど
下調べしておく必要があると思います。

派遣ですと、まず派遣会社に登録、面接、勤務先紹介と
少し時間がかかるようなイメージですが、
安心して長く仕事したいのであれば派遣がおすすめです。"

派遣ではたらいていたときのこと

"結婚してから、子どもが出来るまで企業内でデータ入力の派遣社員として働いていました。
データ入力の仕事なので社員さんと接することは、ほどんどありませんでした。
キレイな社内にはコンビニもあり自動販売機や社員食堂も充実していました。
モチロン私たち派遣社員も立ち入りが許されているし、毎日利用させてもらいました。

新規立ち上げの仕事だったので大量に新規採用され、同僚も多く、いろいろな情報交換が出来たことはよかったです。
派遣と社員の違いは、時給制で定期賞与がないことくらいでしょうか?
きっちりした派遣会社だったので採用後、半年経つと有給休暇ももらえましたし、社会保険もしっかりしていました。
定期的に派遣会社の担当さんの訪問もありました。ちょっとしたグチなども聞いてもらえました。


結婚する前は医療系の派遣社員としてある病院の受付事務で働いていましたが、派遣社員として働いていたのは私だけだったので、なんだか肩身の狭い思いをしていました。
ボーナスの話や福利厚生の話をしていて、とてもうらやましいと思ったものです。
同じ派遣社員がいなかったせいで情報交換が出来ず、気付けば3年間時給が固定されていたままだったのです。
あのときの私は若かったです。
仕事があって報酬ももらえるだけで満足でした。
それだけ、がむしゃらに働いていました。
あとから、聞いたら本人の交渉次第で時給が決まるとのこと。時すでに遅しでした。

今はそんないい加減な派遣会社はないと思いますが、応募する前も採用後も情報を収集することは大事だと思っています。

"

最新のエントリー一覧

派遣をおすすめします
"派遣とバイト、両方経験したことがありますが、 働きやすさでいえば派遣ではないか...

派遣ではたらいていたときのこと
"結婚してから、子どもが出来るまで企業内でデータ入力の派遣社員として働いていまし...